引越しするときのコツを紹介

旧居を出る前にやっておくこと

引越しのコツさぁ、これから引越しだとなったら、まず何から行なったら良いのでしょうか。やることはたくさんありますから、一つ一つやるべきことをリストアップして一つ一つ着実に片付けていくのが早く準備を済ませるコツです。

新居と旧居の大家さんに連絡をする


まずは新居と旧居の大家さんに連絡をすることが大事です。
部屋の契約には『告知期間』というものがあり、多くの場合は部屋を明け渡す一か月前までに告知しておかなければならないことになっています。それ以降に連絡をすると、遅れた分だけ家賃を支払わなければならなくなりますので、注意が必要です。

新居はいつ、何時に入居するのかをしっかりと伝えておきましょう。次に新居の広さと、家具の配置の確認をします。引っ越した後にごちゃごちゃとしてしまわないよう、初めから計画を立て、引越し当日にはすぐに配置できるようにしておきましょう。そして、引越し業者の選択、荷造りと続きます。このあたりは他頁で詳しく説明します。

旧居の掃除


次に、旧居の掃除をします。どうせ引き渡してクリーニングが入るのだからしなくてもいいのではないかと思われるかもしれませんが、きれいにしておくことで家主への印象がよくなり、敷金を多めに返してもらえることがあります。小さなキズなどは補修剤で簡単に補修しておきましょう。

そして旧居のご近所、管理者への挨拶は欠かさずに。引越し当日は荷運びで何かとうるさくなりますので、前もって日付と迷惑をかけるという件を伝えておくだけで印象はだいぶ違います。大切なマナーでもありますから、しっかりとやっておきましょう。

 

サイトマップ