引越し挨拶

引越し挨拶

挨拶はどこまで日本では昔から、引越しの際には挨拶は欠かせないものとなっています。しかし、近代では近所づきあいも淡泊になり、わざわざ行ってもかえって迷惑かも、とか、いつ、誰に、何をもって行けばよいのか分からずにやめてしまう場合も多いようです。しかし、挨拶をすることで思わぬ地域の情報が手に入ったり、ばったり会った時に気まずい思いをせずに挨拶ができることを考えたら、やはり引越し後には重い腰を上げて挨拶に行ったほうがよいでしょう。

挨拶の範囲

ではまず、どのくらいの範囲に挨拶をしにいくかということですが、集合住宅の場合両どなりと上下と答えた方が最も多いようです。また、挨拶に来てもらった場合どう思うかといったアンケートでは、どんな人なのかわかってよかったという結果が最も多く、迷惑と答えた方はほんの数%でした。

挨拶の時期

挨拶にうかがう時期ですが、旧居のほうは引越しの前日から2日前ほどで大丈夫です。「お世話になりました、引越し当日はご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします」と一言言うだけでも、気持ちの面で違います。旧居の場合は特になにも持っていかなくても決して不自然ではありません。新居の周囲に挨拶に行く場合は当日か翌日までには挨拶にまわりたいものです。誰しも、近くに来た人たちがどのような人たちなのかはそれとなく気になっているものですから、顔を見せるだけでも安心しますし、その後の良い関係作りにも有効に働くでしょう。挨拶の範囲ですが、一軒家の場合は向い三軒、両隣。集合住宅は両隣と上下の人たちというのが一般的です。

 

サイトマップ