荷造りのコツ

荷造りのコツ

荷造りを始めるタイミング

引越しの荷造りのコツ荷造りは、引越しが決まってダンボールなどが届いたらコツコツと始めるのが良いですが、意外と時間もかかります。目安としては、引越し予定日から約2週間前には始めておいたほうがよいでしょう。

使わないものから

まず、玄関から一番遠い部屋で、普段は使用しない物を詰めることから始めるとスムーズです。ダンボールは意外と場所をとりますので、詰めたダンボールを置く場所を確保しつつ、積み重ねていくようにします。

大きなもの

タンスなどの大きな家具は当日に引越し業者がもっていってくれますので、荷造りをする必要はないですが、中身は出して箱詰めはしておきましょう。ダンボールは基本小さい箱に重いもの、大きい箱に軽いものを入れます。自分が持てないものは引越し業者も持てませんので重さは調節しましょう。そして、隙間が空いてしまったらそこに新聞紙を詰め込むなどするだけで、箱の強度があがりますのでいれておきましょう。

すぐ使うもの

引っ越してすぐ使うようなもの、たとえば石鹸、シャンプー、下着、タオル、靴下といったものは箱詰めにしてしまうとどこに行ったかわからなくなってしまいますから、手持ちの荷物として持っていくのもひとつの手です。ダンボールに書いておくという手もありますが、忙しい引越しの中、ついつい見失ってしまうことも多いのです。

冷蔵庫の引越し

冷蔵庫の中身も整理しなくてはなりませんが、霜が出たりすると濡れてしまい、周囲のものも汚してしまいます。そのため、中身はできるだけ処分し、前日までにはコンセントを抜いておくことが好ましいです。

 

サイトマップ